しわカメラ

秋

コスモス

紫波で開発された
オレンジ色のコスモスは、
毎年大切に育てられています

写真

10月になれば、あちらこちらでコスモスがお目見えします。
紫波フルーツパークの前や、是信房の丘陵地帯、彦部コスモスロード、水分地区など、紫波の秋の風物詩。
コスモスは基本的に1年草。つまり咲いている場所も変わるかもしれませんが、毎年紫波の地域コミュニティや、個人によって自発的に大事に育てられているのです。
しかもすこしずつその活動も広がっているとか。なんかほっこり。いい町ですね。

写真

特に紫波のコスモスは強いオレンジ色(赤橙色)のコスモスが目立ちます。
少し薄めの山吹のような黄色から、かなり濃い目の橙色までのグラデーションが可愛らしい、ちょっと背の低いキバナコスモス。
実はこの品種「サンセット」と呼ばれ、紫波出身の育種家、橋本昌幸さんが開発したものだそうです。

写真

橋本さんは15年以上の歳月をかけて品種改良を重ね、世界で初めて赤色のキバナコスモスを育種。
1966年にはオール・アメリカン・セレクションズのゴールドメダルを受賞する、偉業をおさめられたそうです。
なるほど、それを称える意味でも、このかわいらしいオレンジ色のコスモスが紫波では愛されているのかもしれませんね。

写真

ここで、出会えます。

コスモス

秋になると紫波の至る所で見られます。

Top