しわカメラ

夏

水分神社

湧き水と杉の森が
そのまま神社になったような、
心の洗われる場所

写真

紫波に住んでいる方に「好きな場所」を聞くと、名前が上がることが多い水分神社。
たしかにここは、一度行ったらちょっと忘れられない、独特の空気感漂う場所です。

写真

稲荷街道沿い、ラ・フランス温泉の近くに水分神社はあります。
鳥居から境内まで700mほど、うっそうとした背の高い杉林に挟まれた参道がまっすぐ続いています。
この緩やかな坂道をあがっていく間に、町の音は遠くなり、森のにおいと、ひんやりしたどこか神聖な空気に変わります。

杉の森がそのまま神社になったようなところです。
人の手が入りすぎていない、自然な森の姿に近い境内が気持よく、特に何本も立ち並ぶ、樹齢およそ700年の大きく古い杉の木々が圧巻です。
このうち17本は、紫波町指定の天然記念物「スギ群」に指定されているそうです。

写真

「水分」には水配(みくま)りという意味があり、水の神様が祀られています。
神社の裏側からは岩手の銘水20選にも選ばれている良質な湧き水がこんこんと湧き出ていて、なんと近隣の水分地区の上水道としても使われているそうです。

写真

だれでも水を汲むことのできる水汲み場もあり、紫波住民にとても愛されています。いつも、ペットボトルやタンクを持った水を汲みに来た人で賑わっています。
癖がなくて美味しく、またとても長持ちすることで有名なのだとか。

写真

本殿の裏側がまた素晴らしいです。
見晴らしのいい広場があり、そこからは下は崖になっていて、流れる川の水音が聞こえます。
まさに何かに守られたような空間。
この独特の、違う世界とつながっていそうな雰囲気、なんとも言えません。深呼吸をするとこころまで洗われ癒やされるようで、同時に自らの中から新たな力が湧いてくるような気持ちになります。

写真

ユメも神妙な面持ち?
時々自分の心をリセットしに来たい場所ですね。

ここで、出会えます。

紫波町小屋敷字新在家2

水分神社は秀峰東根山(あずまねさん)の麓に位置し、豊かな自然の恵みとして、古くから良質な水が湧き出ています。
樹齢およそ700年位の杉の群生に囲まれ、うち17本は紫波町指定の天然記念物「スギ群」に指定されています。

Top